空き家売却のコツ|知ってるだけで売却額に差がつく500万円

空き家を売却する前に知っておきたいポイント

*

どうして売却額に500万円もの差がついてしまうのか?

一般的な人の場合は、

空き家を売却する場合、はじめてのことが多いと思います。

一生で一度あるかないかの不動産の売却

「どうしよう?」と悩んだ末に向かうのは

近くの不動産屋さんでしょう。

買取にするか、売却にするかを決め

家を見た後にだいたいの売り出し価格はこれくらいが妥当

と言われ、不動産屋が言うなら間違いないだろう

と向こうの言い値で決める。

これが間違いです。

 

どこで間違えたのかというと、

「近くの不動産屋さんに向かう」ことです。

空き家を高く売却できる人の場合

近くだから行くということはしません。

空き家の売却には相場があって、ないようなもの

空き家を売却するときには、

厳密な相場はない

ということを知らなければいけません。

同じ家、同じ使い方をしている家はなく、十人十色の劣化をしています。

 

だから相場というのものは、存在しないのです。

1つの不動産屋にしか行かなかった場合、

そこで提示された価格を受け入れてしまう場合が多いです。

 

他とも比べていれば、もっと高く売ることができたのかもしれないのに・・・

空き家を高く売却デキる人が使っているサービス

空き家を高く売却している人というのは、

1つの不動産屋ではなく、複数の不動産屋に査定を依頼し

一番高い値段を出してくれるところで売却をします。

(その差は500万円もつくことがあります。)

 

複数の不動産屋に行くのは、とても時間がかかり大変ですから、

高く売れる人達が使っているサービスがあります。

「不動産一括査定」です。

自動車の一括査定と同じように、

複数の不動産会社が査定をしてくれます。

自動車と違うところは、

地元の不動産会社、大手の不動産会社両方の査定がとれるところです。

 

不動産というのは、営業力によって売却額に違いがでます。

なので地元の不動産会社と大手の不動産会社両方の査定をすることで

より高い査定ができますスマイスター

この不動産一括査定を利用することで、500万円も高く売却することができた

という賢い空き家の売却をされている方がたくさんいます。

 

なるべく高く売却したい人は、

一括査定をしてみることをおすすめします。

実家の処分を検討しているなら

 

公開日:
最終更新日:2017/01/14